女性

服飾専門学校は夜間コースもある┃仕事と両立が可能

ペットのケアを担う

犬

ペットブームの到来からトリマーの需要が高まっています。この職業には資格は必須ではありませんが、専門のスキルが必要なため、専門学校で学ぶことが推奨されています。多くの学校では卒業すると初級の民間資格が与えられますが、さらに実務を重ねてスキルアップし上級資格を得ることで将来独立することも可能です。

詳しく読む

専門的な教育を受ける

カラーチャート

世界観やイメージを大切に、空間までもデザインするスキルを身に付けることができる教育は、専門学校で学ぶことができます。学び直すことも可能で、職業に活かすことができ、デザインの学科も多種多様であり、目的別に知識を増やすことができます。

詳しく読む

ファッション関連の学校

女の人

デザインや裁縫技術の学習

服飾専門学校とは、服をデザインしてそれを作る工程までを学んでいくところです。現在ではデザイン科や服飾科としてわかれているところもあり、自分の興味のある分野で学べるようになっています。東京は、日本の中でもファッションの最先端の地と言われています。日本でのファッションの流れは、世界中の流行が東京に集まり、そこで日本独自のファッションが生まれてきます。このような発信地としての地域から、東京にはファッションに関連する人たちがたくさん活躍しています。当然服飾専門学校の数も多くあり、デザインのアイデアや裁縫の技術を身に付けることができます。服飾専門学校では、そこで学べる年数もさまざまです。基本的に服飾専門学校は2年制というところがほとんどですが、1年制や3年制を設けている場合もあります。東京では、働きながらでも通えるように夜間でのコースを設けているところもあるので、両立もできるようになっています。

学校での特徴

ファッション業界で活躍するには、専門的な知識や技術が求められます。服のデザインをしていくにも、デッサンの基礎を学ばなければいけません。服の種類を基本から勉強し、数多くの色も知っておく必要があります。そういった初歩的な学習を服飾専門学校で習得していき、段階的に高度な内容へ進んでいきます。服飾専門学校では学習だけでなく、就職にも力を入れています。卒業生のほとんどが、服飾専門学校で紹介された求人で就職をしている状況です。そこではアパレルメーカーや専属の服飾の工場などへ進む人が多く、それぞれの道で活躍が期待されています。生徒の将来を考えての対策が充実しているため、そういった意味でも服飾専門学校は選ばれているのです。